ニキビの症状を発症しないためには日頃からケアを行なっていくこと

婦人

専門医に相談しよう

フェイス

ニキビを発症してしまったときは、きちんと自身に合った方法でケアを行なう必要があります。最近では、巷のドラッグストアやスーパーで様々なニキビケア製品が販売されるようになっています。それらの商品を使って自分でケアをすることもできますが、それでもなかなか改善されないという人もいます。ニキビの症状は人それぞれで、症状のひどい人もいれば軽度の人もいます。重度の症状に陥ってしまうと、自分でケアすることは難しいでしょう。そのような人には、病院で治療を受けることをおすすめします。皮膚科や美容皮膚科などの診療項目を設けている病院を受診してみると、肌荒れを綺麗に改善してくれるでしょう。ニキビ治療をしている美容皮膚科は今増えています。ニキビを完全に治療する為には、ニキビの芯をしっかり取り除かなくてはいけません。その芯を自分で取り除こうとして、毛穴が開きっぱなしになると余計に汚れが溜まりやすくなるので、しっかり皮膚科での治療を受けましょう。皮膚科では、細い針を用いてニキビの芯を残さず取り除いてくれます。また、近年はレーザー機器を用いた美容法も増えており、ニキビのある肌に照射することで肌細胞の活性化を図り、やがて肌トラブルレスの肌を作り上げてくれます。

皮膚科や美容皮膚科などで行なわれているニキビ治療には、様々なものがあります。主な治療内容としては、ホルモン治療やピーリング、レーザー治療、局所注射、イオン導入、光治療、点滴治療などといったものがあります。ホルモン治療とは、女性ホルモンを活性化させることでニキビを治していく治療法になります。ニキビが発生する原因として、男性ホルモンの分泌量が多くなるということが挙げられます。男性ホルモンが多くなると、ニキビができやすくなってしまうという特徴があります。そのため、女性ホルモンの量を増やすためにホルモン剤を注射したり、食事の内容を変えたりして体質の改善を図っていきます。病院では、生活指導まできちんとアドバイスをしてくれますのでとても安心です。そのほか、ピーリングという治療法も話題を集めています。ピーリングとは、毛穴に詰まった汚れや皮脂などを除去する治療です。ニキビができてしまうのは、毛穴の汚れや皮脂も大きく関係していると言われています。これらの毛穴に詰まった汚れは放っておくと、雑菌のエサになってしまいます。その結果、雑菌がどんどん繁殖してしまい、ニキビを作ってしまうのです。ピーリングは、特殊な薬剤を用いて行なわれる治療法です。主にサリチル酸やアルファヒドロキシ酸、フルーツ酸などといった薬剤を使って汚れの除去を行なっていきます。病院で治療を受けるときは、しっかり専門医と相談してから行なうことが肝心です。